DIYのノウハウ ウッドフェンス

玄関前のウッドフェンスDIY作成 基礎から柱立て

更新日:

玄関前に作ったウッドフェンスの基礎について説明します。

前回のウッドフェンスと同様基礎ブロックを使用しました

前回の記事↓

今回のウッドフェンスの基礎の配列について

今回ポストをつけたかったので、少しだけ頭を使って基礎ブロックを置く場所を考えました

 

単純に一列にしておらず、ポスト分を出しているため、基礎ブロックの配置はこのようになりました

ポスト分のフェンスをメインのフェンスに連結しています

まずは、基礎ブロックを埋めるところを掘ります

そこに砕石を入れて、基礎ブロックを乗せます(力仕事は、基本的に旦那がやります(笑))

前回も紹介しましたが、↓このような水平器があると便利です。

水平をとって、他の基礎ブロックとの水平をとっていきます

ここで、妥協すると、フェンス全体がゆがんでしまいますので、きっちりいきます。

本来、ここで、コンクリートで固めてしまうのですが、

なんといっても、DIYですから・・・すぐに現場合わせとか言う、素人の旦那ですから・・・固めません(笑)

修正ができるように(笑)

水平面が長い時は、しっかり長めの水平器があれば早いです。

※アマゾンさんには他にも安い水平器はたくさんありますので、探してみると面白いです。

基礎を決めた後、柱を立てていきます。

柱の立て方は前回のウッドフェンスの際にアップした方法をまた、やっただけなので💦

ほとんど書くことがないんです🤣🤣

前回のちょっと違うのは、基礎ブロックを並べて置いているので、この2つを固めてしまえば、かなり安定度が増すという感じ😊

板で水平を取りながら、やってます💦💦水平の作業はさぼらないように😊

ウッドフェンスを作る前に参考にした画像やサイトを紹介します

↓のサイトさんは計算について考えられていて、正直私には理解ができませんでしたが、

旦那は「なるほどなー」と言っていましたが、わかっているのかは疑問でしたが(笑)😨

すごいなーって関心するサイトです💦💦

あと、DIYerの強い見方 リーベさんもこのようなページがあります😊

我が家は旦那の勘で、紹介したような、基礎の作り方にしました😊

紙をそのまま立たせようとしても、無理ですが、山折にして立たせる事って簡単ですよね👍

1面で支えるよりは、2面で支えたほうが強いですよね✨✨

今回作ったフェンスは2面なので、基礎が少し浅いのですが、倒れる気配もなく、しっかりと立ってくれています😊

根拠は何もありません・・・本当にただの勘です💦💦😨

ほかにも色々調べてみたのですが、いろいろ難しいことは、わかりません・・・💦💦🤣

まとめ

このような感じで、基礎の配置から、柱立てまでできちゃいました😊

前回裏庭で1回作っているので、作業がめちゃくちゃ早いです✨✨

次は、もう横板を張って終わりです😂

 

        

Sponsored Link




Sponsored Link




記事下広告アマゾン DIY

おすすめ記事一覧

1

家を新築するにあたり、フェンスをDIYできないか、考えてみた 旦那の実家の敷地内に元々あった離れを解体し、住居を新築することになりました。 もとものの敷地境界にはフェンス等はなく、お隣さんの壁が丸見え ...

2

インパクトドライバーって何? インパクトドライバーは、回転+打撃の二つを組み合わせてネジを締めることができる電動ドライバーです😊 回転方向に衝撃(インパクト)を与えて、強烈にネジを締め付けることができ ...

3

PetromaxのHL1ストームランタンがお気に入り💕 うちにはLEDランタンから、ガソリンガス・ランタンオイル等たくさんのランタンがありますが、その中でも私が一番気に入ってるのは、Petromaxの ...

-DIYのノウハウ, ウッドフェンス
-, , , , ,

Copyright© 子育てママのDIY&ファミキャンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.