DIYのノウハウ

TM9という芝について

更新日:

改良型のコウライ芝「TM9」について

TM9とは、あの世界1の自動車メーカーのTOYOTAが2005年に開発したコウライ芝です

では、実体験を交えながらを説明と感想を。。。

 

普通のコウライ芝となにが違う??

①草丈が伸びないので芝刈りをする回数が少なくてすむ

確かに、実感しています!!これはほんとに助かります😊

今年が始めてのシーズンでしたが、私も2回だけしか芝刈りをしませんでした💦

TOYOTAさんの説明でも年に1~2回と書いてありますが、確かに草丈はそれほど伸びてこないです。

しかし、芝は刈り込んだ時が一番キレイですので、常に刈り込んだ芝の美しさを求めると、実際は3~4回は刈り込んだ方がいいと思います🥰🥰

それでも、普通のコウライ芝に比べると、半分以下ですから✨✨

②施肥料も半分になる

芝刈りの回数が少ないのに伴って、芝刈りで失う肥料分が少なくなるので、施肥料も半分になると説明されていますね😊

これは感じ方かもしれませんが、色も普通のコウライ芝よりも、少し濃い気がします☘

手触りはあまりチクチクしない感じです✨✨

気になる値段ですが、普通の芝の倍します

普通のコウライ芝を張ると、1㎡700円くらいでしょうか。

TM9の場合、1㎡/1400円くらい。

と、倍以上になり、ちょっとお高いのです🤣🤣🤣

ですが、芝刈りの手間が毎年かなり軽減されます😊😊😊

まとめ

個人的には、管理の手間がかからないという点で、TM9を選択しました✨

今年1年のシーズンを見ただけで、それは実感できています😊

なので、初期投資はかかってしまいますが、満足しています🎶🎶

いずれにしても、雑草取りや、夏場の散水などのメンテナンスは必要なのでお庭に芝を張るということは、多少なりとも、手間はかかってしまいますので、放置してもいいということはないです(笑)

 

(この記事は2014年12月12日にライブドアブログで公開していたものを、ワードプレスでリライトしたものです。)

        

Sponsored Link




Sponsored Link




記事下広告アマゾン DIY

おすすめ記事一覧

1

家を新築するにあたり、フェンスをDIYできないか、考えてみた 旦那の実家の敷地内に元々あった離れを解体し、住居を新築することになりました。 もとものの敷地境界にはフェンス等はなく、お隣さんの壁が丸見え ...

2

インパクトドライバーって何? インパクトドライバーは、回転+打撃の二つを組み合わせてネジを締めることができる電動ドライバーです😊 回転方向に衝撃(インパクト)を与えて、強烈にネジを締め付けることができ ...

3

PetromaxのHL1ストームランタンがお気に入り💕 うちにはLEDランタンから、ガソリンガス・ランタンオイル等たくさんのランタンがありますが、その中でも私が一番気に入ってるのは、Petromaxの ...

-DIYのノウハウ,
-, ,

Copyright© 子育てママのDIY&ファミキャンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.