キャンプ キャンプギア レビュー キャンプ道具

パラコードを買った話。。端末処理はライターで。(先日のポール折れ事件からの反省)

投稿日:2021年5月11日 更新日:

パラコードを買おうと思ったきっかけ

先日書いたランドロックのポールが折れた事件から反省をしまして😭

パラコード(ガイロープ)を買いました😊

↓過去の記事です。

 

そもそもパラコード・ガイロープって??

パラコードは「パラシュートコード」の略称です。

パラコードは「パラシュートコード」の略称で、もともとは、パラシューのためのロープとして使用されていました。

ガイロープは、テントやタープを張る際に使用するロープ

ガイロープは、テントやタープを張る際に使用するロープのことで、テントの張り網として使用するロープをガイロープと呼びます😊

パラコードをテントの張り網として使用すれば、ガイロープと呼べます😊

どんな物選べばいいの?

パラコードはさまざまな太さがあり、強度も様々でロープの中にある内芯が少ない物や多い物、色々な種類があります💦

キャンプでは、太すぎると結びにくいので、4mmくらいががおすすめ❗❗

内芯の多さは、7芯でもだいたい耐荷重は約180キロくらいあるみたいいで、9芯だと約250キロくらいあるみたいです😊

今回はこんなものを買いました。

Amazonで売っていた、下の商品の黒&白です。

色も好きな感じだったのと、キャンプ用のものとしては、7芯と言って、中の芯が7本のものが多いですが、こちらの商品は9芯で中の芯が9本で、耐荷重も約250キロと丈夫なのに、30mで安価だったので、こちらに決めました✨

使いたい長さに切る

このパラコードを自分の使う用途に応じて切ります😊

普通にはさみでチョキンできます(笑)💦

切った端末の処理は絶対した方が良い

パラコードを切った跡は、何かしておかないと、ボサボサになってしまい、ほつれていきます🤣

なので端末処理は絶対した方がいいです❗❗

ライターであぶる

ライターであぶる方法は単純にライターを使って先端をあぶり溶かします。そうすることで先端が固まるので、簡単です😊

火傷には十分注意してくださいね💦

ライターで炙る方法でのデメリットは溶かす時の匂いですかね💦💦

あと、ライターもターボライターの方がいいです😗

 

瞬間接着剤で固める

瞬間接着剤で固めるほうほうは、細いロープだとちょっとやりにくいのですが、アロンアルファ等の接着剤をロープの断面につけます😊

そうすると、先端で固まってくれます😊

この方法のデメリットは、瞬間接着剤が手についてしまうこと。手についた後しばらく残ってしまうこと❗です😖😖

これさえ気を付ければ、瞬間接着剤で固めた方がキレイに処理できます✨✨

まとめ

今回買ったパラコードを紹介してみました😊

過去記事に書いたランドロックポールが折れた事件から、しっかりとテントを設営することを再認識して、パラコードを買いました💦

自分の安全、家族の安全を守る事は大事なことなので、こうゆう所をしっかりしていこうと思います😭

これで、幕と一緒についていたコードに追加して作れたので、しっかりコードを張れるようになります👍

もともとコードはそもそも味気ない感じがしていましたし、交換にもいいですね✨✨

皆さんもパラコードしっかり整えて、良いキャンプを❗❗❗❗

 

        

Sponsored Link




Sponsored Link




記事下広告アマゾン キャンプ

-キャンプ, キャンプギア レビュー, キャンプ道具
-, , , ,

Copyright© 子育てママのDIY&ファミキャンブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.