キャンプ キャンプ道具

ソリッドステークとエリッゼステーク 比べる意味はもはやない

更新日:

Sponsored Link




ソリッドステークは、ご存じのとおり、スノーピークの最強ペグ

新潟県燕三条に伝わる製造方法で、1995年の誕生以来「ペグは消耗品」という概念を変えた最強ペグです😊

どんなに固い地面にも確実に打ち込め、テントやタープを固定してくれ安全を生み出してくれます✨

新潟県燕三条といえば鍛冶の高い技術が世界的に有名な地域です😊

その新潟県燕三条で鍛造ペグを作成している別メーカーがあります。

そのメーカーは「村の鍛冶屋」さんです😊😊

その村の鍛冶屋さんから発売されているペグが「エリッゼステーク」なんです✨

双方のスペック

ソリッドステーク エリッゼステーク
【材質】 S55C S55C
【形状】 φ8mm 7×9mmの楕円
【長さ】 20,30,40,50cm 18,28,38cm
【色】 黒・赤・黄・ピンク・青・白・

クロームメッキ・ブロンズ

【価格】 454円/30cm 363円/28cm(黒色)

ソリッドステークとエリッゼステークを比較

どちらも燕三条の鍛造製法で作られる最強のペグで、上の表のとおり、何か大きく差があるようなところはありません💦

唯一、気になるのは【価格】のところでしょうか💦

ほぼ同サイズのソリッドステーク30とエリッゼステーク28とを比較すると、ソリッドステークが約450円、エリッゼステークが約360円と、90円ほどの差がありますね💦💦

20本~30本と買うことになれば、結構大きな差になってきます😊

ソリッドステークの良いところ

我が家のテントはスノーピークのランドロックを使っていますので、やはりスノーピーク商品は相性が抜群です✨✨

インナーテントは、メインテントのペグにフックをひっかける構造となっているので、ソリッドステークのヘッドにフックがかけやすくなっています😊

エリッゼステークにもフックはかけれなくもないのですが、そこは流石に、ソリッドステークには敵わないですね✨✨

エリッゼステークの良いところ

カラーバリエーションが豊富❗❗❗

塗装も厚めに色をつけているので、簡単にはがれることはありません😊

このカラー展開は私達女性キャンパーの心をつかんできますね😍😍

カワイイだけではなく、ペグが目立つので、回収忘れを防げるというところもメリットですね。

まとめ

消耗品だったペグに革命を起こしたソリッドステーク❗

鍛造ペグと言えばソリッドステークというという牙城に参入してきたエリッゼステーク❗

強度はどちらも折り紙つきの鍛造ペグ、どちらも遜色なく信頼できる最強ペグといえます😊

どの商品も1強時代より、ライバルが生まれることで価格競争や、品質の向上が生まれてきています。

そうゆう意味でも、「パイオニアだから」、「後参入だから」と甲乙をつける意味はなく、どちらも良い😊

我が家は、様々なメーカーの物の良い所を併用する技巧派(笑)ですので、ソリッドステークとエリッゼステークは優劣を比べる意味はなく、これからも併用しています✨✨

        

Sponsored Link




Sponsored Link




記事下広告アマゾン キャンプ

おすすめ記事一覧

1

家を新築するにあたり、フェンスをDIYできないか、考えてみた 旦那の実家の敷地内に元々あった離れを解体し、住居を新築することになりました。 もとものの敷地境界にはフェンス等はなく、お隣さんの壁が丸見え ...

2

インパクトドライバーって何? インパクトドライバーは、回転+打撃の二つを組み合わせてネジを締めることができる電動ドライバーです😊 回転方向に衝撃(インパクト)を与えて、強烈にネジを締め付けることができ ...

3

PetromaxのHL1ストームランタンがお気に入り💕 うちにはLEDランタンから、ガソリンガス・ランタンオイル等たくさんのランタンがありますが、その中でも私が一番気に入ってるのは、Petromaxの ...

-キャンプ, キャンプ道具
-, , , , ,

Copyright© 子育てママのDIY&ファミキャンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.